即るためには 〜銀座コリドーで美若の看護師2人組を散れ出し〜

某日 華金。

この日はまさとコリドーでコンビナンパをやる約束だった。

事前に軽い食事をしながら3〜40分ほど打ち合せをした。

連れ出し先、和みの会話の内容とフロー、和みにかける時間、セパレートのやり方の共有を徹底。

今夜は前回の失敗で得た経験を生かす絶好の機会だ。

 

1.コリドーでストリートナンパ スタート

20:00

コリドー着。

ginza_korido_dori

korido_map

 

この時間のコリドーのストリートはまだ人がまばらだ。盛り上がりのピークは22:00前後。

まずはサージングしつつ、連れ出し先やその日の街の雰囲気を確認。

ナンパ待ちをしていそうなセットがちらほらとはいる。

 

1声かけ目

20代中盤ぐらいのOL風の2人組。

話掛けると、「牡蠣食べたい〜♡(奢ってくれる?)」を連呼。

THE 飽食系。

今のコリドーは多数メディアに取り上げられたことで出会いの(ヤレる)場所と認知され、週末の夜はワンチャンを求めるリーマン達で祭り状態。

そのためか、クラブと同じでルックスがイマイチな女でも異常にチヤホヤされる場所となった。

どの女もかなりお高く止まっている。

即放流。

※参考動画

4声かけ目ぐらい。

アパレル風の南明奈と中村アン似の美若2人組みだ。

声掛けすると直ぐにビタ留め。

 

俺「一杯だけ飲み行かない?この後仲間と飲み会あるから30分ぐらいしか時間ないんだけど。」

アッキーナ&中村「いいですよ〜♡」

 

偽りの時間制限で連れ出し成功!

ちょうど目の前にあったヱビス バー 銀座コリドー入店。

yebisubar

コリドー街のちょうど中頃ぐらいだろうか。

この付近のお店の中ではリーズナブルな部類で、内装もオシャレで落ち着いた雰囲気。

コスパ良し。連れ出し先にオススメです。

 

2.連れ出したBARで和み

今回は連れ出し後40分〜60分で盛り上がりのピークまで持っていき、セパレートして各々即を狙いにいく『メダパニ作戦だ』。

それがダメなら放流して次の案件を狩りにいく。

ルーティンを使いながら彼女たちの価値観、恋愛遍歴、貞操観念をスピーディーに引き出してつつ、ボディタッチを徐々に増やす。

彼女達は看護の専門学校の同級生同士で、職場は違うが今でも月に数回は遊ぶ親友関係。お互い彼氏はいないので、出会いを求めてコリドーにきたとのこと。ワンチャン経験もあり!

 

俺の担当子の情報以下の通り↓

  • 顔は南明奈似
  • 身長165センチ
  • 千葉県出身
  • 看護師1年目
  • 22歳。
  • 彼氏なし
  • 元ヤン
  • 前の彼氏は同級生の職人さん

金色に近い下品な茶髪がよく似合う元ヤンで、俺の大好物だww

minamiakina_nanpa

 

するとアッキーナもボディータッチをやり返しきて、足をさりげなくこちらにくっつけてくる。

 

(即系だな。)

 

俺はこの時点で今夜の勝利を確信した。

まさに目で合図をする。

 

俺「そろそろ会計しよっか。」

 

外に出てセパを試みると若干のグダが発生するも、まさ得意のいつものパワープレイでセパレート成功ww

 

3.セパレート〜自宅連れ出し

俺「俺の家の近くにBARがあるからそこに行こう。」

 

もちろんそんなものは無い。

アッキーナは翌日が早番で早朝5時出勤で必ず終電までには帰ると言っていた。

残り時間は1時間強ぐらいだ。

とにかく早くギラつかなければ間に合わない。

急いでタクシーに乗り込み、自宅へ向かった。

 

21:40

自宅前に到着。

 

アッキーナ「BARに行くんじゃないの?」

俺「荷物置きたいから1回家行っていい?」

アッキーナ「・・・」

 

ルーティン『キャッチミーイフユーキャッチ』で部屋 in。

 

アッキーナ「タバコ吸っていい?」

 

俺の部屋は完全禁煙だ。だがこの子なら良いと思いそれを許した。

この辺りから俺との間に心理的な壁を作ったことを彼女の表情や身のこなし、声のトーンから「何となく」感じ取った。

会話やスキンシップに対して、この場の空気を壊さない為に仕方なく応じているのが分かる。

アッキーナの表情は完全に我に返っていた。

bouzu_nanpa

 

俺は焦り始めた。

(不味いな。自宅連れ出しが早かったか。じっくり和みを入れたいが時間がない。)

腰に手を回しキスをしようとするもグダ。

 

アッキーナ「私はそんなにチャラくないから。今日は絶対やらないから。」

 

彼女の甘い声色とは裏腹に、表情から固い意志を感じとった。

 

アッキーナ「そろそろ終電だから帰るね♡」

 

(ま、負けた…)

 

一人取り残された部屋で俺は愕然とした。

後日まさが教えてくれたが、

中村アンの話によると、アッキーナは俺のギラつきに相当引いていたらしい…

zanpai_nanpa

 

4.振り返り

■即るためには 凄腕の意見

俺はこの一件をビーチクランドさんとガーデンさんという2人の凄腕ナンパ師に相談した。

ビーチクランドさんからは「雰囲気ぶち壊しルーティンを上手く使えば」との旨のアドバイスをいただいた。ビーチクランドさんは1回の出撃で3〜4即する職人。渋谷のナンパの厳しさを誰よりも知っているレジェンドらしい意見だった。

ガーデンさんからは「即を目的にするのではなく、女の子を楽しませることが目的で結果はそれに紐づいてくる、だから全員即れる訳ではなく、その子にあった攻め方がいいのではないか」との旨のアドバイスをいただいた。

 

■喫煙の許可 ≒ AFC

女友達に意見を聞いたみた。

「男の人はヤりたいと優しくなる」

俺はこの言葉にハッとした。

俺は完全禁煙の自宅での喫煙の許可という、この日一番の決定的『優しさ』を見せた。

また伝説の凄腕ナンパ師 岡田さんのTAVでは

“女に安心感を与えるな、持たせていいのは興味だけだ”  “笑顔を安売りしてはいけない”

という旨の教えがある。

アッキーナは俺が非喫煙者という認識があったにも関わらず部屋での喫煙の許可を求めてきた。俺に対する『安心感』から出た発言だ。

この日の惨敗を象徴した出来事だと思う。

俺はヤリたいがために、目の前の美若のご機嫌取りをしていた。

「テメーふざけんな!」と言えるぐらいのパワーバランスを保てていないかった。

俺は知らず知らずに典型的なAFCの取る行動をしていたのだ。

PUAは常に例外でなければならないのではなかったのか…。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ