ナンパに関する法律の話

某日

 

 

いつものように渋谷でナンパ開始。

 

 

センター街で声かけし平行トーク中、

背後から急に人が現れ私が平行トークしていた女性の肩を抱き

4〜5メートル先まで連れて行き立ち止まり、何やらなだめ始めました。

 

 

見たところ45〜50歳位の女性。

白髪のショートカットが印象的でした。

 

 

予想外の出来事に一瞬状況が掴めませんでしたが、

一般の人がナンパ≒悪とのステレオタイプな思い込みで、

助けにきたのだろうと思いました。(私は女性を魅了するためにやっている行為で、最終的に女性から「声をかけてくれてありがとう」といつも感謝されます。)

 

 

面倒は避けたいので直ぐにその場を離れようとすると、

今度は別の50歳ぐらいの男性がまたしても背後から現れ、

私に声をかけてきました。

 

 

話を聞くと、彼等は区役所の職員で

道ばたでのスカウトやキャッチを取り締まっているとのこと。

 

 

ナンパもダメなのかと聞くと、

ナンパ自体が悪いかどうかはケースによるが、

その先にアダルトビデオの出演や風俗店勤務へ巻き込まれる危険性があるから(ナンパとスカウトの区別が付きにくいため)

そこを懸念して路上での声掛けを禁止しているらしい。

 

 

一通り指導たるものを受けて、紙に名前書いて解放されました。(トータル5分ぐらいかな?)

 

ナンパで指導される様子

※画像はイメージです

 

 

後日ナンパが違法または条例違反になるケースを調べていたところ、

ナンパ講師の女好きさんのブログに該当記事を発見しました。

 

 

ナンパに関する法律

 

 

今回のケースだと、項目2の “声かけと平行トークで気をつける法律” に当たります。

 

 

ポイントは、

 

 

「嫌がっている女の子にしつこくしない」

「安易に触らない」

「卑猥な言動をしない」

 

 

この3点です。(詳しくは女好きさんのブログを読んでください)

 

 

他の項目も大変細かく記載されていて、勉強になります。

 

 

ナンパ活動を継続的に続けるためにマストの知識だと思いますので、

みなさんにも一読されることをお勧めします。

 

 

ナンパは人生をより良いものにする活動だと思いますので、

ナンパで人生を棒に振ってしまったら本末転倒です。

 

 

ナンパを独りよがりのものにするのではなく、

女性を魅了する行為(少なくとも最低限の気遣いをする)だということを

いつも忘れないようにしたいですね。

 

 

今回は以上です。

 

 

MAXでした。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ