関西出身のキャバ嬢と即日セックス!!〜性癖がハードでしたww〜

某日 新宿

 

昼のナンパ講習が終わり

帰りがてらナンパをすることに。

 

最近はありがたいことに

ナンパ講習で指導させていただく時間が増えた。

その為、自分のナンパをするまとまった時間が

取り辛くもなっているので

このような隙間の時間も有効活用にするようにしている。

 

指導させていただくことで

ナンパに対する考えもさらに深まり

成長できる要素は計り知れないが

それでも1プレイヤーとして、ソロナンパでの真剣勝負はエキサイティングできるし

一番成長できる大切な時間だ。

 

私に限らず、社会人のプレイヤーは

仕事や家族の事情で

思ったようなプレイタイムが取れない人も多いと思いますが(サラリーマン時代の私もそうでした)

街に出撃ができなくても

例えば通勤途中やランチタイムなどに

ながらで2、3声掛けするなど

ナンパ行為というものを

生活の中に自然に取り入れていくことが大切だと思いますね。

 

 

駅に向かって歩いていると

東口のadidasショップの向かい側を歩く

20代前半ぐらいの

夜職系のエロいギャルを発見!

 

身長は150センチぐらいで小柄。

ファッションは黒のライダースにダメージ加工のスキニーデニム、

胸元が少し開いた薄手のニット、

バレンシアガのトートバッグに、ルブタンのヒールという出で立ちだ。

肌の色は透き通るように白くて

顔立ちは韓国系の美人だ。

少女時代のテヨン(和みで本人がよく言われると話していた)に似ている。

 

 

テヨン

 

 

夜職系特有の少し疲れた(擦れた?)雰囲気が

独特の色気を醸し出している。

 

観察イメージから

瞬時にオープナーを選択し

すぐさま声をかけると

ビタ止めした。

 

連動会話でこちらのペースに

どんどん巻き込んでいく。

ターゲットに余計なことを考える隙を与えない。

 

彼女からの会話の切り返しが中々、早い。

イジリ、イジられ

すぐに言い合える関係ができた。

ナンパ慣れ、会話慣れから

夜職系だと確信した。

 

彼女は「この後、彼氏(この時点では『友達』と言っていた)待ち合わせをしている」

と言ってきた。

すぐに嘘だと思った。

と、いうか、そもそも論として、女性の話は真に受けないほうがいい。

例え、連れ出し後の和みでフック会話(悩みや根元的価値観)を探り当て

感情操作をしたとしても(クロージングできたとしても)

その話自体を鵜呑みにして、本当だとは思ってはいけない。

むしろ全部フィクションだと考えるぐらいがいい。

誰だって大袈裟に話してみたり(話を盛ったり)

憧れのキャラを演じてみたいと思うことはある。

特にナンパで知り合った相手なのだから

本当に出したかった自分(本音、他人からこう見られらい)を出せる機会だったりする。

別に人を疑ってかかれ、何も信じるな、というわけではなく

(男女問わずに)人間にはそういうところもあるということを

理解しているということが大事だと思う。

程よく冷めた目線で他人と対峙しながら、人間というものを理解して

許せる許容、器の大きさを持って和み(会話)ができると

クロージング率は自ずと上がってくると思います。

 

 

「30分だけ」と時間制限をかけて、オファー。

説得でなく、楽しいコミュニケーションの延長で。

 

オファー成功。

 

ここまでのトークのやり取りで

切り返しこそ上手いが

主体性がないとう印象を持った。

即系の匂いがする。

 

近くのスタバに連れ出そうとするも激混み。

平日にも関わらず

新宿のカフェはどこも混んでいるのだ。

ホームの渋谷ならカフェ事情も理解しているが

あまり出撃しない新宿は

やり辛さを感じる。

 

三軒目でやっとこさ

空いている席を発見した。

 

入店直後は女性のテンションが下がりやすいので(シーン変化のため)

目の前にある物を活用して、テンション維持会話をする。

 

・メニュー共有

・個性的な店員、雰囲気

・温度、香り

など。

 

これらはいわゆる「差し込み会話」に過ぎないが、

その差し込み会話によって、打ち解けたり、パワーバランスが決まる。

 

また、女性に自分の魅力を感じてもらいたいときに、つい

「どの様な方法(ルーティンやボディタッチなど)で攻めるか?」

という点に意識が向きがちだが

それよりも(以前に)「どんな状況、出来事も一緒に楽しめる相手」にかなうものはない。

例えば、笑える名前のメニューをネタにして、

2人でキャッキャと笑い、じゃれ合うなど、だ。

 

 

彼女は彼氏に会いに大阪から来ていた。

やはり夜はキャバクラで働いていて(これは序盤は出て来なくて、和みが深くなってから「実は・・・」という形で、出てきた)

昼の美容関係の仕事とダブルワークしていた。

 

都内で働く

遠距離恋愛中の彼氏と結婚する(したい)ために

仕事を辞めて上京してきたそうだ。

次の仕事を探しつつ

一人暮らしの物件を探してきた帰りとのこと。

「同棲しねーのかよ!」とツッコミを入れたくなったが、

聞くと色々と複雑な事情があり、当面、難しいとのこと)

 

客観視会話で

男女話(今彼の話や元彼の話)を引き出していく。

 

カウンセラーのように

彼女がより話しやすいように

相槌を交えつつ会話を誘導し

即に向けた環境作りをしていくのだ。

 

今彼の悩みや愚痴が出てくる出てくる。

 

が、その内容に深みというか

フックのようなものを感じない。

 

仕事や家族の話題などにも話題をふってみるが

どれも同じ。どこか浅いのだ。

 

しばらく対峙してみて、確信した。

 

この子はノリ系(ノリでセックスする)の子だ。

 

ノリ系ターゲットはフックとなる話題を深めていって

感性の一致や悪共有(「この人は私のことを分かってくれる。感覚が合う」と思わせる)

をするのではなく、

引っかかった話題を起点にして

言い合える関係のキャッチボールと

会話のテンポを上下させながら

感情を揺らし続けることが有効だ。

 

もちろん、フックの要素をないがしろにしていいわけでないが

フック系の子よりも重要では無い。

 

イジリとイジらせの度合いを徐々に(意識的に)強めていく。

これを続けることで、お互いがどんどん踏み込める様な関係になり

一緒にいて話しやすい、素を出せる楽な関係ができる。

この積み重ねをすることで、

割り切った関係を結びやすく(割り切り意識の植え付けをしやすく)なるのだ。

 

イジリは、ちやほやするわけでないのに、

ターゲットが主役になるようなイメージでやると

上手くハマる。

 

 

男女話からジャブ程度に下の話を足してみると

思いの外、食いついてきた。笑

 

(ちなみに、俺は露骨な下系や「性のハードル下げ」の類の話題は好きではない。

10代、20代のプレイヤーならいざ知らず

俺は30代のプレイヤーだ。

変に若い人のノリに合わせないで

年齢に合ったやり方で和む方が自然だし

クロージング率は絶対に上がる。

別に老け込めということではないが

若ぶる必要もない。

それが女性からすれば、懐の大きい男性(若い男性には出せない余裕がある)という印象を持つのだ。

これはナンパは基本的には年齢が上がる程、有利になる所以の一つだ。

ナンパは若い方が有利という人もいるが

その意見はナンパの本質的なことを理解していない。)

 

 

感情を揺さぶるために

下ネタの話題を深めていく。

 

そこからさらにぶっちゃけ話がいくつか出てきた。

 

二重の切開手術をしているとか(確かに綺麗なクッキリ二重だった)

稼いで、もっと整形したいとか、パパ活でお小遣いを貰っているとか。

 

客観視ベースで話をしているからこそ

ガールズトークを楽しむように

女性が素をさらけ出せるのだ。

 

 

カフェ入店から40分程度。

 

質問サイン、願望サイン、模倣サインなど

セックスOKサインは十分出ている。

 

ここで焦燥感切りをすることに。

 

「そろそろ、行こうか」

 

彼女の表情は驚いていた。

いいサインだ。

 

退店直後、階段でハンドテストを試みると失敗した。

 

ハンドテストに失敗しても

サインが出ている上でなら

凹む必要はない。

 

手汗を気にしていたり

ただ恥ずかしいだけだけだったりするからだ。

 

とはいえ、この失敗から、仕上がりに不安を感じないわけではなかったので

ヤル為の理由づけ(言い訳)をより強めるために

慎重に教育していくことにした。

 

「まだ暇なんでしょ?渋谷で飲まない?」

 

対峙会話で、自宅が渋谷であることは伝えているので

この会話自体がスクリーニングの役割にもなる。

これで来なければ

ストで別な子を捕まえればいいだけだ。

 

「うん、飲みたい!」

 

快諾だった。

 

「そういえば、さっき連絡きて、今日、彼氏と会わなくなったー」

 

追加のサインだ。

 

*****

 

渋谷に到着し

松濤の行きつけのバーへ。

 

マニアックなドイツビールとカクテルで乾杯。

 

「すぐ酔っぱらっちゃうんだよね」

 

序盤からサインと理由付けが出てきた。

 

カフェのときと同様

下ネタの話題で盛り上げる。

 

セフレのおじさんにオシ○コを飲ませたり

(「袋に入れて持って帰りたい」と懇願されたそうだ。とんんだ変態がいるものだ。笑)など、

かなりドギツイ話もチラホラと出てきた。笑

 

おそらく出会い系のアプリなんかで

援助目的でやったのだろう。

この子の人となりを大分掴んできた。

 

和みを進めていると

彼女の方から連絡先交換の打診を受けた。

悪いサインではないが

次を期待させすぎないように

程よく会話で距離を取る。

距離の縮めすぎは

取りこぼしの原因になるからだ。

 

 

30分ほど和み、サイン十分。

店を出ることに。

 

「まだ飲めるでしょ?」

「うん、大丈夫だよ!」

 

コンビニでストロングゼロを2缶買った。

自宅(個室)へ向こうことへの、しっかりとした匂わせだ。

 

このタイミングで仕上がってなければ帰らせた方がいい。

無理やり連れ込んでもグダるだけで

楽しかった時間が台無しになるからだ。

 

 

自宅入室。

 

いつもならグダグダして取りこぼしたく無いので

玄関先ですぐにキスをして、おっ始めるのだが

ここまでの和みから

急にギアを上げすると混乱すると判断し

この子はゆっくりと階段を登らせるように

慎重に誘導してあげることにした。

 

ソファーで乾杯をして

和み直す。

 

カバンから大きめのサイズの

食べかけのスナック菓子が出て来た。

ギョッとした。

オヤツで買ったらしい。にしては、大きすぎだろ・・・

 

頃合いを見て、キスをする。

 

「なんだか眠くなってきちゃった」

 

サイン。もう十分だ。

小さな手を引こうとすると

「まだ酔ってない」といい

チューハイを一気飲みし始めた。

ノリ系ターゲットで下ネタが大好物だが

変のところ?で貞操が働くようで

やはり強めの理由付けが必要だっということだ。

バーを挟んでおいてよかった。

 

ベットに誘導し

ノーググダ即。

 

二回戦目前に

トイレに行きたいと向かったので

一緒についていき

口で咥えさせながら、排尿させた。

 

ベットに移り、バックを要求されたので

背後から突きながら、頭を軽く押さえて、ケツを叩きまくった。笑

 

俺は基本はノーマルプレイだが

たまには変態チックなプレイも燃える。笑

 

合計2時間ぐらいセックスした。

若くてエロいギャルの身体はサイコーだ。

 

ピロートークで毎日オナニーをしている、

経験人数は100人以上とのぶっちゃけ。

 

そして主体性のなさ、ブランド好き、ノリ系、整形願望、食べかけのお菓子、オナニー、経験人数の多さ・・・

 

初見のイメージからは到底想像できなかったが

彼女は典型的な即系だったというわけだ。

 

 

駅へ送る道中、お腹が空いたと言ってきたので

道玄坂の中華屋でラーメンと餃子をご馳走してあげた。

 

彼女は「美味しい」と言いながら

麺を頬張っていた。

 

何はともあれ、若い女の子が

美味しそうにご飯を食べている様子は、カワイイ。笑

 

 

ナンパ講師MAXの無料メルマガコミュニティ




表に出せないモテるノウハウ・ナンパ音声を内密にコミュニティで共有することを目的にメルマガを始めました!

※現在登録してくれた方には私の非公開のナンパ実録音声をプレゼントします。

※メールはいつでも解除できます。また、ぼく以外からメールが来ることは2万%ありません。

 

 

こちらも併せてどうぞ!

スマホでご覧の方はこちらをタップしてください↓
友だち追加

 

PCでご覧の方はQRを読み取ってください↓

LINE@では、ナンパに関するお役立ち情報やナンパ音声を配信しています。

登録してくださった方には、エロい109系のJDからLINEゲットしたときの音声をプレゼントしています。お気軽にご登録ください。

※私からは登録者のアカウントはみれませんのでご安心をw

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ